当店で販売しているパフォーマンス用紙ですが、そのまま置いてはただのロール紙。
        今回はパフォーマンス用紙の簡単な作り方をお教えします!

        <用意するもの>
        ★パフォーマンス用紙
        ★両面テープ
        ★はさみ
        ★カッター
        ★メジャー
        ★透明なテープ
        ★1m定規(または、おもりになるもの)

        ※大きな用紙を作成するので、広い場所で作業してください。
        ※2人以上での作業をオススメします。


        今回は、タテ3.6m×ヨコ5mの紙を作ります。使うのは巾1.2mのスーパーロール紙です。
        まず5m測り、3枚にカットします。表裏がある紙の場合は、裏側を上にします。





         3枚の内、2枚の端ぎりぎりに1cmの巾の両面テープを貼ります。
          (別に1cm巾のテープでなくて構いませんが、極端に大きい紙でなければ、
          この巾の両面テープで問題ありません)






         そして、はみ出ないように紙を貼り合わせ、その上から透明のテープを貼り、補強します。









         こんな感じになりました。両面テープの上以外にも、端までぐるりと貼ると紙が折れにくいです。
         また、作品を持ち上げて飾る場合は、上下にパイプを通すための用紙を貼り合わせます。







          パイプを通すとこんな感じです。最後に全体をひっくり返せば出来上がり!




          
         
          ※上記の手順は、上から吊るす場合の作り方です。
          両端を掴んで持ち上げたい場合は、横ではなく縦に色紙を取り付けます。

         
          完成した紙は、ゆるめに巻いて保管してください。 
          わからないことがあれば、気軽にご質問ください!